トラップリピートイフダンのデメリット※含み損を抱えることが多くなる

↓下記の画面をクリックすると、動画が再生できます。

含み損とは「未確定損失」のことです。

含み損を抱えたポジションを決済しない限り、
実際の損失にはなりません。

しかし含み損を抱えすぎると、
証拠金維持率が下がってくるため、
自動ロスカットになるリスクも高まります。

トラリピでは価格が下がるごとに買い増しする
というのが基本戦略になります。

そのため一時的に含み損が増える場合があります。

株式投資をやったことがある方ならわかると思うのですが、
含み損を抱えると価格が戻るまで辛抱強く待たないといけません。

「損切り」という選択肢もありますが、
上手くやらないと「損切り貧乏」になりかねないのです。

資金が豊富にある人なら、含み損を抱えても
じっと待っていれば済むでしょう。

しかし資金が限られている場合は、
いくらまでの含み損なら耐えられるのか、
リスク管理を徹底しておかなければいけません。

このリスク管理をおこたると、急激な円高に耐えられず、
資金をすべて失う恐れもあるので要注意です。

含み損については、人それぞれ考え方が違うと思います。

私は含み損を抱えるのがトラリピの特徴の一つだと思っているので、
リスク管理を徹底することを重視しています。

大切なのは、資金量に見合ったポジション量に抑えること。

そして「この価格まで下落しても耐えられる」ということを
100%把握しておくことです。

トラリピ戦略では含み損が発生したときに、
どう対処するかが資産増加に大きな影響を与えます。

あなたの戦略や考え方に基づいて、
損切り注文を入れるべきかどうか考えるようにしましょう。

次のページへ

この記事のタグ

サイト内関連記事

トラップリピートイフダンのデメリット※比較的スプレッドが高い
↓下記の画面をクリックすると、動画が再生できます。 FX取引で手数料といえば、 ......
トラップリピートイフダンのデメリット※トレンド相場では利益を上げにくい
↓下記の画面をクリックすると、動画が再生できます。 先に述べたメリットのところで......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トラップリピートイフダン(トラリピ)で月利3~5%資産を増やす方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.m2j-traprepeatifd.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。