トラップリピートイフダンの設定※資金10万円での注意点

【動画】トラップリピートイフダン(トラリピ)の設定方法

リスク管理について

今回の例では、相場が急落して一気に68円まで下落したとしても
資金的に耐えられるようになっています。


必要証拠金:15,160円
含み損金額:77,500円
合計:92,660円

AUD/JPYが68円になったとき、
92,660円の含み損が発生することになります。

10万円あればギリギリ耐えられる計算です。

68円まで下落する過程の中で何回かリピートするはずですので、
利益が積みあがった分、円高に対する資金的余裕も
増えていきますね。

ちなみに過去のチャートを見ると
2008年10月に68円を割り込みましたが、
その後はだいたい70円より上の価格で推移しています。

トラリピの設定は自動でできて簡単ですが、
「いくらまで下落したら、ロスカットされてしまうのか」
ということは100%把握しておいてください。

トラリピの管理画面には
「トラリピ運用試算表」
という便利なツールがあります。

これを使えば、いくらまでの下落に耐えられるのか
一発で計算することができますよ。

資金10万円での注意点

1.必ず1つの通貨ペアだけしか扱わない

10万円の資金で複数の通貨ペアを扱うのはリスクが高すぎます。

あっという間に全資金を失う可能性がありますから、
絶対に欲張ってやらないようにしましょう。

2.追加資金を投入できる余裕を持っておく

万が一のときのために追加資金を用意しておきましょう。

僕は基本的に損切りをしないスタンスなので、
追加資金は常に用意しています。

損切り注文でうまく資金管理ができるのであれば、
この限りではありません。

3.利益目標は月利3~5%程度に抑える

10万円の資金でスタートするのであれば、
1ヶ月の利益は3~5%程度、つまり3,000円~5,000円が
ちょうどいいと思います。

この程度であれば無理な仕掛けにしなくても、
十分達成できます。

無理に仕掛けを増やしてリスクを高める必要もありません。

長期的な資産運用が目的なので、
小さな値幅をコツコツ積み上げていくことに
専念していきましょう。

始めるなら早いほうがいい

以上、10万円で始めるトラリピの設定方法をご紹介しました。

今回はAUD/JPYを例に挙げましたが、
他の通貨ペアについても基本的には同じです。

資産運用は、スタートが早ければ早いほどいいです。
500円が積み上がっていく感覚をぜひ味わってみてください!

1,000通貨単位スタートの口座開設キャンペーンについては
こちらのページをご覧ください。

口座開設はすべて無料で行うことができます。

マネースクウェア・ジャパンの口座開設はこちら⇒

マネースクウェア・ジャパンの口座開設は、無料です。
お申し込みは10分程度で完了します。

次のページへ

この記事のタグ

サイト内関連記事

トラップリピートイフダンの設定※資金10万円から始める
【動画】トラップリピートイフダン(トラリピ)の設定方法 2010年7月19日から......
トラップリピートイフダンの設定※資金30万円から始める
【動画】トラップリピートイフダン(トラリピ)の設定方法 2010年8月は米ドル円......
トラップリピートイフダンの設定※資金30万円での注意点
【動画】トラップリピートイフダン(トラリピ)の設定方法 ■リスク管理について 今......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トラップリピートイフダン(トラリピ)で月利3~5%資産を増やす方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.m2j-traprepeatifd.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。