含み損を最小限にするトラリピ設定、テクニック

(2011.12.8 アップ)
今回は「含み損を最小限にするトラリピテクニック」を
ご紹介していきます。

具体的には、テクニカル指標を活用します。

・資金が少ない方
・含み損を極力減らしたい方

には参考になると思います。

数あるテクニカル指標の中からトラリピに合うものを
選んで使いますので、初心者の方でも簡単に
実践できるはずです。


M2J社のチャート画面を設定する

代表的なトレンド追随型指標である「移動平均線」、
そして売買サインを出してくれる「MACD」の
2つの指標を使います。

マイページからトレードログインし、
チャート画面を表示させます。

まず、下記のチャート画面をご覧下さい(クリックで拡大)。
M2J社のチャート画面を設定する

同様の表示設定にするためには

1.AUD/JPYボタンを押す
2.時間足別で「日足」を選択する
3.移動平均線ボタンを押す
4.MACDボタンを押す

の順に設定すればOKです。


トレンドに乗るトラリピ逆指値戦略1

・青の移動平均線が上昇を始めた地点、
・もしくはMACDの青色の線が緑色の線を上抜いた地点

で「新規・買・逆指値」のトラリピを設定します。

最初は3~5円の幅にトラリピを仕掛け、
様子を見ながら追加していく感じでいいと思います。

例えば、10/7から50銭間隔で10本トラリピを
仕掛け始めたとしたら、

75円新規買い → 75.5円決済売り
75.5円新規買い → 76円決済売り



79円新規買い → 79.5円決済売り
79.5円新規買い → 80円決済売り

という感じになります。

結果的に、10/27にはすべての仕掛けがヒットして、
含み損がゼロという状態になりました。

この後下降トレンドに入っていくので、
イフダン注文を一旦すべて取消すのが理想です。


トレンドに乗るトラリピ逆指値戦略2

・青の移動平均線が下降を始めた地点、
・もしくはMACDの青色の線が緑色の線を下抜いた地点

で「新規・売・逆指値」のトラリピを設定します。

例えば、11/9から50銭間隔で10本トラリピを
仕掛け始めたとしたら、

80.5円新規売り → 80円決済買い
80円新規売り → 79.5円決済買い



76.5円新規売り → 76円決済買い
76円新規売り → 75.5円決済買い

という感じになります。

結果的に、11/21にはすべての仕掛けがヒットして、
含み損がゼロという状態になりました。

イフダン注文を一旦すべて取消して、来週以降の
値動きを見て判断していくのがいいかと思います。


その他注意点

今回ご紹介した戦略のシミュレーションは、
あくまでも過去のデータのものです。

未来は神のみぞ知るで、将来の値動きを100%
予測することは誰にもできません。

ただ「移動平均線」と「MACD」は短期的な相場の流れを
つかむときには非常に役に立つ
ので、いろいろと戦略を
練ってみるとおもしろいと思います。

ポイントは「チャートの形がハッキリ現れてから仕掛ける」
という点でしょうか。

上昇、下降の兆しが現れる前に仕掛けてしまうと、
予想に反して逆方向に動くこともあります。

豪ドル円に限らず、他の通貨ペアでも
同じようにチャート分析ができますから
ぜひ試していただければと思います。

テクニカル指標についてより詳しく学びたいときは、
この書籍が参考になります。

僕はいつも本棚に入れていて、分からないときは
取り出して見るようにしています。

株式投資を例に書かれてありますが、為替相場でも
同じように使うことができます。

今回のようにチャート分析する場合も、
朝の30分あれば十分可能です。

電車通勤の方なら、スマートフォンやiPadがあれば
電車の中でもチャート画面を見ながらできるので、
通勤時間を効率よく使えますね(^_^)

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トラップリピートイフダン(トラリピ)で月利3~5%資産を増やす方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.m2j-traprepeatifd.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。